生活を良くします - 怠惰なプログラミング

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活を良くします-怠惰なプログラミング

外資系でエンジニアをやっています。便利なサービスや商品、プログラミングで作ったものなどを紹介していきます

レジなし行列なしAmazon Go:テクノロジーで万引きはなくなる?日本進出はいつ?

f:id:what_a_day:20161206130003p:plain

出典:Amazon.com: : Amazon Go

Amazon Goとは

実店舗型のショッピングセンター

Amazonがウォルマートと対抗しているというニュースが多いなか、とうとう出てきました。

最初はポケモンGOに名前を似せているな?としか思っていなかったのですが、よく見ていくとすごいサービスです。

Our checkout-free shopping experience is made possible by the same types of technologies used in self-driving cars: computer vision, sensor fusion, and deep learning. Our Just Walk Out technology automatically detects when products are taken from or returned to the shelves and keeps track of them in a virtual cart. When you’re done shopping, you can just leave the store. Shortly after, we’ll charge your Amazon account and send you a receipt.
出典:Amazon.com: : Amazon Go

ディープラーニングやコンピュータビジョン、IoTでよく用いられるセンサーを使って誰が、どの棚から、どの商品がカートに入れられたかを判定しているというのを実現しています。

この仕組みのおかげで自動的に誰がどの商品を持っているのかがわかるためレジがなく、そのまま店を出るだけで購入が決定するというJust Walk Out技術を可能にしています。

店を出た後は、Amazonが自動的に顧客のAmazonアカウントに対して請求するという形です。

行列もなし、面倒なレジもなし、財布いらずで買い物ができてクレジットカードでポイントが貯まるという自分にとっては夢のようなサービス。

AmazonアカウントとAmazon GOアプリさえあれば良いという感じです。


使われている技術予想

入店時の客の識別

Amazon Goアプリに紐づけられているAmazonアカウントで顧客を識別します。

おそらくAmazonアカウントがなければ利用できないという仕組みを確立するでしょう。

これによってハッキングなどをしない限り、誰が店にいるのかを識別できます。


誰が顧客かを判定

これはBeaconを使ったIoTサービスでしょう。

それぞれの棚にBeaconを設置して、Amazon Goアプリを持っている顧客を識別していると思われます。

これによって万引きを軽減できるはずです。

身バレしている中で万引きなんてしたくないですからね。偽装して作ってもクレカなどでバレそう。

棚からから商品を取る動作

これはコンピュータビジョンを使っているでしょう。

棚にカメラをつけておいて商品の位置と顧客の動きを読み取って判定を行なっているはずです。

顧客自体はBeaconでのIoTサービスで誰かを識別していて、商品を取る動作を行えばカウントしている感じでしょう。

大量の画像を取得して棚から商品が取られた時や一度取ったけどやっぱり戻した、という様々な条件をディープラーニングで学習して運用しているはずです。

おそらく万引きしている動作も学習しているでしょうから、万引きをした瞬間に警報がなるか警備員がくると思われます。

それくらいディープラーニングは高精度に学習できますし、そもそもコンピュータビジョンで判定していると思われるのでそこかしこにカメラがあります。

この点からも万引きは難しいでしょう。

店を出る際の会計

これも店の自動ドア付近にセンサーを設置してAmazon Goアプリを認識して顧客を識別、紐づけられているAmazonアカウントに会計情報を転送して決済という流れになると思います。

ここでもセンサーが取り付けられているのでそもそもセンサーに認識させずに商品を持ち出すのは不可能でしょう。

Amazon Goが普及すれば万引きなんてなくなりそうというのが僕の予想です。

Amazon Goのすごさ

  1. 大量のアカウントを持っている企業
  2. 大量の商品を扱っている企業
  3. 資金に余裕がある or 投資を惜しまない企業
  4. 挑戦的で技術力のある企業

とりあえずこれらの要素が揃っている企業でなければこのようなことはできないでしょう。

AmazonAmazonは、 Web Servicesなどのサービスを提供していたり、常に技術力があって新しいことをしているイメージが浸透しています。

アマゾン ウェブ サービスは、企業や組織のより迅速な活動、IT コスト削減、アプリケーション拡張を実現するために役立つ、幅広いグローバルクラウドコンピューティング、ストレージ、データベース、分析ツール、アプリケーション、デプロイサービスを提供しています。これらのサービスは最大手企業や、注目を集めるスタートアップ企業から信頼いただいており、ウェブアプリケーション、モバイルアプリケーション、データ処理、データウェアハウス、ストレージ、アーカイブなど多様なワークロードを支援しています
出典:AWS 製品・クラウドサービス(コンピューティング、ストレージ、データベース、分析、モバイル、アプリケーション、デプロイサービス) | AWS

Amazon Goのメリットまとめ

  • レジなしなので行列なし、ストレスなし
  • 会計もAmazonアカウントでやるので現金いらず
  • 会計時でクレカのポイントがたくさん貯まる(個人的に)
  • 万引き防止に役立つ仕組み

最高じゃないですか。

早く日本にもできてほしい。

ただ現状は、まだAmazon社員のみしか使えないようです。

Amazon Go is currently open to Amazon employees in our Beta program, and will open to the public in early 2017. Click below to get notified when we open.
出典:Amazon.com: : Amazon Go

2017年に一般人でも使えるようになると書かれているので今までの傾向から日本で使えるのは2018年ごろだと予想しています。

2017年公開はおそらくアメリカで行われて、そこでデータを取得し大きな設計ミスがなければ順に日本にも来るでしょう。

kindle unlimitedもまずアメリカで実施されてそのあとに日本に進出してきました。

kindle unlimitedとは違って実際の店舗で実際の商品を扱うことになるため、これよりは少し時間がかかってから日本に進出を開始するでしょう。

その期間を考えると2018年日本で公開という予想になります。

待ち遠しいです。

www.what-a-day.net

www.what-a-day.net

www.what-a-day.net