生活を良くします - 怠惰なプログラミング

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活を良くします-怠惰なプログラミング

外資系でエンジニアをやっています。便利なサービスや商品、プログラミングで作ったものなどを紹介していきます

リゼロ好きにオススメのゲーム「ダークソウル」

アニメ ガジェット 便利

リゼロとは


コンビニからの帰り道、突如として異世界へと召喚されてしまった少年、菜月昴。頼れるものなど何一つない異世界で、無力な少年が手にした唯一の力……それは死して時間を巻き戻す《死に戻り》の力だった。大切な人たちを守るため、そして確かにあったかけがえのない時間を取り戻すため、少年は絶望に抗い、過酷な運命に立ち向かっていく。
出典:STORY|TVアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』オフィシャルサイト

前のクールで放送されていた「Re:ゼロから始める異世界生活」の事です。

死に戻りという、一度死ぬとセーブポイントからやり直せるという唯一の能力を使って主人公が強過ぎる敵や対処不能に思える事態を解決していくというダークなストーリーです。

どハマりしてしまいました。web小説は全部読んでいるのに新しく発刊された小説も買ってしまいました。

PS4でゲームも発売されます。

ちなみにAmazon Prime会員なら無料で観れてしまいます。
詳しくはこちら↓
www.what-a-day.net


ダークソウル

システムは基本的に『Demon's Souls』を継承。そこに新たなアクションを取り入れており、おなじみの高難易度は健在。 フィールドはシームレスで継続しており、ローディング画面をはさむことなく移動ができる。 プレイヤーは各地にある篝火で休むことにより、回復、エスト瓶(回復アイテム)の補給、獲得したソウルでレベルアップや武器の修理などができる。篝火で休めばそこが復活地点となり、死亡してもそこから再スタートすることが可能である。
出典:DARK SOULS - Wikipedia

これはPS4などで遊べるゲームです。かなり名誉なGolden Joystick Awards 2016を受賞しています。

PS4が3万円以内で買えてしまうので買ってしまいました。自分の浪費癖を心配しています。次はAndroid Wearを買おうと思います。

映像が綺麗すぎて映画を見ているような感じでした。ここまでの衝撃はPSPの初モンハン以来だったので技術の進歩を実感してます。

ダークソウルを始めて以降、またゲームにハマりそうです。

リゼロとダークソウルの共通点

強過ぎる敵

ダークソウル3、正直にいうとチュートリアルで10回くらい死にました。

割とゲーム自体は久々ですが、そんなに下手な方ではないと自分では思ってます。

操作をろくに覚えてない初心者に戦わせるのは酷だろ、と思いながらやっていました。回復は3個しか使えないのに相手の攻撃はそこそこ重い。

捨て回と割り切って相手の攻撃を覚えてやっとの事で勝てました。

リゼロも最初に異世界に飛ばされてルールもわかってないのにやられまくってたのと似ています。

ダークソウル3はボスも強かったですが、途中のザコ敵の風格と攻撃力などがザコのそれではなかったです。

何周かすると囲まれただけで結構死にかけます。

死にすぎて心が折れる

スパルタのチュートリアルが終わってからはあまり死ななくなりましたが、「深淵の監視者」というボスが出てきてからまた10回くらい死にました。

あまりに強くて心が折れ、ゲームを中断すること数知れず。でもまたやってしまっています。

リゼロの主人公も、ひたすら死んでセーブポイントに戻って、を繰り返していく中で心折れてましたね。

人間性を捧げなければ。

選択の結果、NPCが死ぬ

行動の結果、ストーリー展開が変わります。

選択によってはアジトっぽいところにいるNPCが普通に死んでいきます。

NPCがいなくなったりすることもよくあるのでよくわかってません。

親切ではない世界

リゼロのようにチュートリアルから厳しい、初見殺し多数、敵が強いなどゆとりゲーマーにはなかなか辛かったです。

初見殺しでも苦労をしました。知らないと即死するような罠とかあった気がします。

その分、達成した時は楽しかったので絶妙なゲームバランスを取っていますね。

剣と魔法が幅を利かせている世界

ダークソウルでも剣と魔法が使えます。詳しくいうと職業のようなものによって向き不向きはでてきますが、どの職種でも魔法や剣は条件を満たしていれば装備できたり、使用できます。

うまく使いながら戦えるので戦略が豊富になります。


リゼロとダークソウルの相違点

レムがいない

レムがいません。



ヒロインっぽいのもダークソウルにもいますが、リゼロのヒロインには敵わないですね。

まさか普通の双子メイドの片方しか思ってなかったレムがあそこまでのヒロイン力を発揮するなんて想像もしてなかったです。


主人公の強さが違う

リゼロは、筋トレ好きの不登校男子高生が主人公。ただし死んでも死に戻る。

ダークソウルは不死者が主人公。

どっちも似たように見えますが、ダークソウルの主人公はめちゃくちゃ強いです。レベルも上がりますし剣とか魔法で一人で強過ぎるボスを倒したりできます。

リゼロの場合は、筋トレしてる分、強い方ですが、主人公のレベルが1だとしたら敵はレベルカンストしてたりもするのでリゼロの方がはるかにきつそうです。

ただし周りのレベルも高いので一概には言えなさそう。

初期装備

リゼロはガラケーとカップラーメン(一袋)

ダークソウルは自分で選べて鎧一式とかもらえる。最初からレベルが上がってる状態でスタートできる。

装備は下着だけ・レベル1の「持たざる者」も選択可能だけど初心者がやることではない。

まとめ

  • リゼロとダークソウルは類似点が多い
  • PS4は安くなっている
  • ダークソウルは難しいけど達成感がすごい