生活を良くします - 怠惰なプログラミング

生活を良くします-怠惰なプログラミング

外資系でエンジニアをやっています。便利なサービスや商品、プログラミングで作ったものなどを紹介していきます

Markdownエディタで編集中の記事をバックアップ:消えたブログ記事を復元する方法と対策 [はてなブログなど]

オフライン編集が大事と確信した

きっかけ:編集中の文章が消えてしまった

この記事を書いている最中に下書き自体が消えてしまった。

www.what-a-day.net

「下書きを更新する」を押してからページの読み込みが急激に遅くなり、「ページが開けません」という表示が出てきた。

この時はまだなんとも思っていなかったので普通にブラウザで戻るを押したところ、編集画面には戻ることができた。しかし、2時間くらい前の編集内容に戻っている。

はてなブログにはバックアップ機能があったはず、と思うも0分前のバックアップがありますと書かれていたので選択するも変化はなかった。本来はこれで解決する。

だいたい半分くらいの内容が飛んでしまったのでショックを受けてしまった。以来、web上で編集したりするのはそれ自体がリスクであると認識し、この対策を考えることにした。

ネット環境がない場所でも編集したい

たまにカフェなどで記事を書きたいなと思う時がありますが、wi-fiがない・wi-fi速度が著しく遅いカフェの場合はスマホでテザリングしなければいかないということで若干めんどくささがありました。

そこでできればオフラインでも使えてなおかつ見た目も見れるようなアプリがないかなと探していたところ、なんとすでに持っていました。それが無料アプリの「MacDown」です。

はてな記法からMarkdownへと移行することに決めた

MacDownを見つけて以来、markdown形式はそこそこわかっていましたがはてな記法の方がなんとなく書きやすいように思っていました。しかし、はてな記法に対応するエディタは皆無なのでMarkdown形式での編集に移行することを決定しました。

GithubでもMarkdownが使われていて、世界的に見るとmarkdownはそこかしこで使われています。

はてな記法というのは確かに便利ではありますが、はてなブログ内でしか使えませんし、対応しているエディタもほとんどありません。Markdown形式と比べると、はてな記法は極めてガラパゴスな記法と言えます。

逆に言えばmarkdown形式が使えればすぐにwordpressにも移れますし、Githubのページも編集できるようになるのです。別のブログサービスに変更するコストが下がるのが良いですね。

MacDown自体はここからダウンロードすることが可能です。

macdown.uranusjr.com

無料Markdownアプリ MacDownできること

バックアップが非常に簡単になる

MacDownを使用すると .md形式のファイルとしパソコン内に保存されます。これはつまりいちいちブログにアクセスしてインポートする必要がなくなるということです。

マークダウンで書かれているのでそのままwordpressなどのブログサービスでコピペすればそれだけで復活できます。

また、もしもはてなブログのデータが突如として無くなったとしてもローカルのパソコン内に.mdファイルが残っているのでこの点から言っても自動的なバックアップになります。

例えば、「ブログ」という名前をつけたフォルダを作成して、「2016_12_25.md」のようなファイル名にすればそれだけでブログ記事の管理が完了です。

オフラインでもリアルタイムプレビュー可能

f:id:what_a_day:20161225153354p:plain 二画面のうち一つはテキストエディタですが、もう一つは実際にどのように見えているのかを映してくれます。これはかなり便利でいちいちプレビューを意識する必要がなく、ミスにもすぐに気がつけるのでmarkdownに慣れていない人にとっても便利な機能です。

エディタとして非常に簡潔

だいたい普通のメモ帳のように使えます。面倒な設定はいらないですし、立ち上げも早いです。

f:id:what_a_day:20161225153510p:plain

ショートカットキーもついてるので凄まじく効率が上がります。いちいちひらがなから英数に変更する必要がないので便利です。

ショートカット一例

機能 ショートカット 対応するコード
リンク cmd+shift+K ()
画像 cmd+shift !()
強調 cmd+B **中央にキー**
引用 cmd+shift+B >
HTMLはきだし cmd+alt+C HTMLコードコピー

どうしてもmarkdownだとダメということもあるかもしれないので、その時は「cmd+alt+C」を押してください。

HTMLコードを吐き出してくれます。

画像にも対応

画像のリンクがちゃんと晴れていれば画像の表示までしてくれます。大きさの調整も反映してくれるので確認用に使えます。

無料Markdownアプリ MacDownできないこと

目次の表示はできない

目次の表示は反映してくれないので目次にミスがないかを確認するのは実際のプレビューということになります。

カード形式の引用を表示してくれない

実際にURLを貼り付けるのは、はてなブログの編集画面にするしかないようです。はてなブログの編集画面で貼り付けようとすると、カード形式を選択できたりできますよね?そこで最終的な微調整をします。

 特殊なJavascriptの確認はできない

javascriptがうまく動いているかは実際にプレビューから確認してください。

MacDownで満足できない人へ:はてなブログ用エディタMocha

有料のはてなブログ用アプリ

mochaアプリ

実際にはてなIDと連携して編集できるのでオフラインで編集しつつ満足行けばはてなブログに入らなくてもそのまま投稿可能。こちらも画像に対応しています。

現在ははてな記法には対応しておらず、Markdown形式のみとなっているようです。

まとめ

  • オフライン編集が大事
  • 無料で使える優秀なアプリがある
  • バックアップの仕組みを確立しておこう