生活を良くします - 怠惰なプログラミング

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活を良くします-怠惰なプログラミング

外資系でエンジニアをやっています。便利なサービスや商品、プログラミングで作ったものなどを紹介していきます

2017年おすすめ冬アニメ 今期見るべき面白いアニメまとめ 〜 覇権予想と再放送版をややランキング式に

アニメ 便利

個人的に見ようと思っている2017年冬アニメ一覧

この素晴らしい世界に祝福を!2

f:id:what_a_day:20170102213425p:plain

2016年のアニメからの続き。なろうのネット小説が原作ですが、現在はあらすじしか残ってません。作画がやや独特で最初は崩壊気味に思っていましたが、それが気にならないくらいに話が面白い。

内容は異世界もので死んで異世界に飛ばされる系です。リゼロとは正反対の優しい世界ですが、現実的な世界が舞台です。あまり冒険していた様子はなかったですが、とりあえず面白い。

当初は作画の様子などからあまり期待はされていなかったですが、2016年アニメの中でもダークホースです。個人的に毎回楽しみにするくらい好きだったアニメです。エクスプロージョン!!!とか我が名はめぐみんとかSNSかネットをやっているとどこかでみるようなワードになってます。

放送開始から徐々に人気になっていきそのままの勢いで急に2期が決まったようです。

このすば2がAmazon Prime Videoに登場

追記[2017/1/27] このすばがプライムビデオに追加されたことで宗教的な理由以外でAmazon Prime会員にならない理由がなくなったような気がします。

今のところ、 このすば2しか見れませんがおそらくシーズン1も追加されるでしょう。このすば自体が人気なのでとりあえず放送中の二期からAmazon Primeに登録しておけくらいの感覚なんでしょうね。


セイレン

f:id:what_a_day:20170102204001p:plain:w450

「セイレン」 公式ホームページ|TBSテレビ

たぶんアマガミの続編と言われている作品です。ヒロインごとにストーリーが展開するオムニバス形式をとっているので4話ごとにメインのヒロインが変わります。

高山箕犀によるキャラデザで、それに加えて作画がかなり綺麗です。たまにはこういう系のアニメを見るのはいいですね。アマガミとかのゲームをプレイしたことがなく、完全にアニメだけでしか知らないためそれでもわかるように作っておいてもらえると助かります。今回はアマガミの続編になりそうのなので、そこらへんはまあたぶん気をつけているでしょう。

高校生の頃、こんな青春がしたかった。


クズの本懐

『クズの本懐』(クズのほんかい)は、横槍メンゴによる日本の漫画作品。『月刊ビッグガンガン』(スクウェア・エニックス)で2012年Vol.10より連載中。2015年7月現在、累計65万部を突破している
出典:クズの本懐 - Wikipedia


この横槍メンゴという人が書いた漫画はだいたい作画が非常に綺麗です。

結構よく話題に上がる作品で、かなり前からタイトルと大雑把なあらすじだけは知っていますが未読です。登場人物全員がクズの三角関係のような感じを続けるものだと勝手に思っています。というか友人はそんな感じに要約してました。2016年ではベッキーやゲスの極み乙女による"ゲス不倫"がかなりのトレンドになっていたのでクズの本懐としては追い風になると思います。

いい感じにクズになっていると嬉しいです。


画像検索すればわかりますが、結構なシーンがたくさんあります。ここからみれます。

クズの本懐はだいたいドロドロな恋愛ものらしく、見たことはないですが期待しています。あとはこの横槍メンゴの作品では、「君は淫らな僕の女王」という漫画があり、タイトルを裏切らないような内容です。成人以上を対象とした漫画家として活動しているため、そういう感じの絵やシーンが隠されずに出てきてそういう系の漫画だっけ?と出版社を確認したりしました。全体的に満足です。

政宗くんのリベンジ

だいたい表紙と同じクオリティの絵で描かれてます。


kindle unlimited初期の頃に「政宗くんのリベンジ」が最新刊覗く全て読み放題だったので全部読みました。現在は一巻のみ読み放題対象。

作画がかなり綺麗で、よくあるハーレムものとはほんの少し違う感じです。

あらすじは昔太っていてヒロインに「豚足」と呼ばれていた主人公がめっちゃ頑張って痩せてイケメンになりその子に復讐をしようとする感じです。復讐として痩せてイケメンになった自分に惚れさせ、最高のタイミングでフって後悔させてやろうという計画を立ててそれを実行していくストーリー。

復讐と聞くとなんか暗そうな感じですが、普通に明るい雰囲気の漫画ですので大丈夫です。原作はイケメンになったものの中身は友達が少なく、太っていた頃の記憶から自信がないそんな主人公がルックスをあまり有効活用できなてないです。いや痩せただけでそんなにイケメンになれたら苦労しないだろ、と思うのですが痩せるのもなかなか簡単じゃないのもまた事実。深いです。

一話を見た感じは声優に少し詳しい人は何となくストーリーが読めてしまうと思います。原作でもそうなんだろうなーくらいに予想できることが声優だと声でわかってしまうので若干ネタバレ感があります。その部分だけ声優変えたりできないんでしょうか、って毎回思います。まあネタバレは気にしない&予想はついている場所だったので問題ないです。

青の祓魔師 京都不浄王編

f:id:what_a_day:20170102204859j:plain

TVアニメ「青の祓魔師 京都不浄王篇」公式サイト

これも漫画から知っています。「青の祓魔師」自体は昔にアニメからされてアニメオリジナル展開で終了したのでどの辺りから再開するのかよくわかりません。あらすじ的に矛盾が多少発生しそうなので一期と二期はちょっとした別物くらいに思いましょう。まあラストだけですが。

勝呂たちの故郷である京都で事件が起きてそれを解決するまでの話がアニメ化されるのでしょう。前半はやや心が痛みますが、前期と同じクオリティの戦闘シーンのアクションを出してくれればそれだけで十分に楽しめそうなほど迫力のあるシーンが多いです。どこらへんからスタートするのかだけ気になりますが。


ちなみに「青の祓魔師」のシーズン1はAmazonプライムビデオで見放題なのでまだ登録してない人は登録して見てはいかがでしょうか。青の祓魔師シーズン1をAmazonプライムビデオで見放題に!。それ以外のアニメもかなり見れます。

www.what-a-day.net


亜人ちゃんは語りたい


これは度々話題になっていますが、自分は見たことないです。見ている人が言うには面白いとのことで見ることにしました。ちなみに亜人はデミと呼ぶそうです。

PVで少しだけみましたが、たぶんゆっくりとした雰囲気でやってくれるのでしょう。癒し系枠として勝手にカウントしています。人外系ものだとモンスター娘の日常みたいなのがあったのでそれと似ているのかなと思っています。または魔法使いの嫁みたいな、あれは少し違うか。サキュバスとか出てたのでどうなるんでしょうか。

第1話のみAmazon Prime Videoで1月6日の深夜に先行放送するっぽいですね。なので最速で見れるのはAmazonプライムビデオで、次はTOKYO MXなどが続きます。なんか珍しいかも。

Amazonプライム・ビデオにて毎週土曜深夜より独占配信するので見逃しても安心枠に入ります。

見たことないのでわからないですが、雰囲気から察するに日常系かな。

ACCA13区監察課

f:id:what_a_day:20170102205313j:plain:w450

ACCA13区

13の自治区に分かれたドーワー王国。その平和は巨大統一組織“ACCA(アッカ)”によって守られていた。ACCA本部監察課副課長ジーン・オータスの仕事は、13区を不定期に廻り、不正がないか視察すること。だがある日、ACCAトップの5長官により、監察課の廃止が告げられる。平和な時代が続き、存在意義を失いつつあることが理由だった。そんな中、ジーンはファーマス区の視察に向かうが……。
出典:TVアニメ『ACCA13区監察課』公式サイト

雰囲気がオシャレかっこいいのとこういう雰囲気の警察物はすごい好きなのでたぶん見ると思います。ドラマでいうと相棒、アニメでいうと攻殻機動隊やサイコパスに近いものだと嬉しいですが、面白ければいいです。この作品の名前を聞いたのは初めてなので周りでは知っているひとはいませんでした。その分、うまくいけばダークホースとなりそうですし、実際漫画の評価自体はかなり高かったので個人的に期待しています。

2話以降、めちゃくちゃ面白くなってきました。原作は完結しているので最後までやってくれるでしょうと期待しています。流れるBGMがいちいちオシャレで、なぜか料理やお菓子の描写がすごく細かいです。

たぶん公式がカフェとかやるんじゃないでしょうか。

小林さんちのメイドラゴン

f:id:what_a_day:20170113195706p:plain

朝、会社に出ようとしたらドラゴンがいた。茫然とする小林さんの目の前で、そのドラゴンは角あり尻尾ありのメイド服を着た美少女へと変身した。トールと名乗るそのドラゴン娘は「今日からメイドとして働かせてください!」と申し出る。どういうことか分からず尋ねると、昨夜酔った勢いで小林さんが家に誘っていたようだった。「人を雇う余裕はない」と断る小林さんだったが、会社に遅刻してしまいそうな時間だと気づき―。
出典:http://maidragon.jp/:title:w450

京都アニメーションが制作なので日常っぽさがすごいです。最初はあまり乗り気ではなかったのですが、見てみると普通に面白いアニメでした。

何気に細かいところでやたらと気合が入っている作画で、百合っぽいアニメです。

どうでもいいですが異種間コミニュケーションが別のものに変換されてしまう。

けものフレンズ

これでBDだとわかる人は少ない。しかも4000円弱という。

まさかの視聴開始数分で離脱する人が多かったアニメです。ソーシャルゲームを元にしたアニメですが、そのソシャゲはアニメ化を前に爆死しました。登場する声優は割と棒読みの人が多く、3Dモーションも視聴にギリギリ耐えられるかどうかのレベルです。

なぜか合間合間に声優じゃない人による動物紹介が行われます。これもよく聞いてると面白いかも。

最初の数分で視聴者を厳選した後、独特のギャグと雰囲気で展開していきます。正直な話、一話はキツかった。

しかし、twitterでトレンド入りするなど謎のダークホース化をとげ、自分もその魅力にとらわれてしまいました。楽しそうな雰囲気でずっと進行していますが、ところどころ不穏な単語や描写が出て来たりとディストピア感が醸し出されています。

BGMが普通にかっこよかったり、OPとかも耳に残るなど着実に囲い込まれています。まさか今期でトップクラスに気になってしまうアニメになるとは思わなかったです。

公式サイトがハッキングされたり、海外進出を達成したりと話題が尽きず、なんかハマってしまうアニメです。キルミーベイベーとがっこうぐらしみたいな感じ。

いたるところに伏線らしきものがあるのか、単なる設定ミスなのかわからないものが溢れています。おそらくけものフレンズ考察サイトが増えそうな予感。

追記: 現在に至っては今期ほぼトップクラスに続きを楽しみに待っているアニメになりました。

Amazon MusicでけものフレンズのOP、ようこそジャパリパークへという曲をひたすらリピートしています。星野源は60回くらい聞いているらしいです。

250円と安くポイントのみで買えてしかもなぜか200円のギフトももらえたので満足でした。デジタルな曲を買ったのは初めてです。

音楽とかは一切聞かないタイプの人間でしたが、やっと電車でイヤホンしている人の気持ちがわかりました。


ようこそジャパリパークへ

にゃんこデイズ

こういうなんでもない普通の日常ものを定期的に見る必要があるので見ることにします。あまり理解はされないのですが、仕事に追い詰められたり自分に自信がなくなった時などに日常ものを見ているかどうかダメージが違います。

深く考えすぎず頭を空っぽにして癒される枠としてカウントしてます。

辛くなったらゆるゆりなど、きんモザなどを見よう。きっと解放されます。

2分枠だったので一瞬で終わった。

ガウリールドロップアウト

首席の天使が地球にやってきた! ……が、地球に馴染みすぎて学校サボりまくりのネトゲ三昧、自堕落生活。 駄天使と化したガヴリールが贈るスクールコメディ!
出典:コミック電撃だいおうじ公式サイト│ラインナップ
雰囲気がよさげなので視聴することをほぼ決定しました。原作の漫画とかは見ていないですが。おそらく日常系でしょう。精神安定剤として、重荷を持ちこたえるためのアニメとして期待しています。疲れを取ってもらいたい。

あとは作画が結構自分好みだったのとあらすじで期待できそうと判断しました。他のアニメでもそうですが、アニメが面白ければ漫画も買ってしまうタイプなので漫画を買うことになりそうな予感がしてます。

実質うまるちゃん二期みたいな感じだった。タイへーのいないうまるちゃんが天使になったけど怠け者になってしまった感じです。ギャグも結構面白かったし普通によかった。なんだか瀬戸の花嫁にいたような感じのキャラもいて非常に満足です。

ED曲はヒャダインなのでかなり癖のある曲です。ヒャダインの曲は最初はダメかも、と思うのですが気づいたら聴きたくなってくる謎の中毒性を持っているので今回は屈しないように頑張ります。


幼女戦記

幼女戦記、なんか色々とすごい。

金髪、碧眼そして白く透き通った肌の幼女が、空を飛び、容赦なく敵を撃ち落とす。 幼女らしい舌足らずさで軍を指揮する彼女の名はターニャ・デグレチャフ。 だが、その中身は、神の暴走により幼女へと生まれ変わることとなった日本のエリートサラリーマン。 効率化と自らの出世をなにより優先する幼女デグレチャフは、 帝国軍魔導士の中でも最も危険な存在へとなっていく――。
出典:Amazon CAPTCHA


これも転生ものですが、現代世界でのおじさんが異世界に転生されて幼女になり戦争するらしいです。実際の国を参考にして書かれていたり、結構なグロ描写などリアルな感じらしいので見ることにしました。部分的にあらすじは知っているのですが、幼女に転生したおじさんが冷徹に戦争を行って勝ち続け、出世狙っていくような感じで認識しています。

小説はやや癖が強い文体で書かれていたので馴染めませんでした。その分、アニメで見れると嬉しいです。

幼女戦記は「オーバーロード」の劇場版発表と同じ場でアニメ化の発表をしていたのが印象的で、それをよく覚えています。そういえばオーバーロードの巻末に幼女戦記が載っていたようないないような。幼女戦記はてっきりなろう系からのアニメ化だと思っていたのですが違うみたいです。Arcadiaのようです。

GATEも話の内容は好きでしたので、「幼女戦記」も面白そうに思います。世界史とかが結構好きなので自分は楽しめそうだなと思ってます。


銀魂 シーズン5

f:id:what_a_day:20170102205647p:plain:w450

テレビ東京・あにてれ 銀魂

何気に全シーズン見ているような気がします。たしか前シーズンかどこかでもう新シーズンはやらないって言ってたような気がするのですが、まあ銀魂が放送内容を気にすることはなさそうなので問題ないでしょう。最近では実写化するとのことで毎回なんらかの問題を引き起こしてそうな作品です。笑いとシリアスがいい感じに混ざっているアニメ。割と放送後に問題になってたりしているらしい。蓮舫さんとか他のアニメのパロディとかでハヤテのごとくみたいな感じ。

劇場版銀魂のお正月用のPV、「銀魂音頭」の動画でもやや物議を醸していました。しかし脚本・監督は、「勇者ヨシヒコ」シリーズや「HK 変態仮面」などを手掛ける福田雄一が担当するので成功すると思います。

ちなみに銀魂のシーズン1〜4, 2006年 〜 2015年はAmazon Prime Videoで観れます。笑う。

銀魂をAmazonプライムでみる。

おすすめ再放送アニメ

四畳半神話大系

f:id:what_a_day:20170104185152j:plain:w450

下鴨幽水荘。叡山出町柳裏にある下宿である。人から聞いた話によると幕末の混乱期に焼失して再建以後そのままであるという、窓から明かりが漏れていなければ廃墟同然、何も知らずにここを訪れた者は、九龍城に迷い込んだのかと思ってしまうというのも無理からぬ話だ。この今にも倒壊しそうな下宿に起居する私は、大学三回生の春までの二年間、実益のあることなど何一つしていないことを断言しておこう。
 私とて大学入学当初からこんな有様だったわけではない。高校時代は特にクラブ活動もせず、同じような非活動的な男達とくすぶっているばかりであったが、晴れてピカピカの大学一回生、友達百人できるのも悪くないと思っていた私は数々のサークルが個人の情報処理能力を遥かに凌駕する無数のチラシを差し出す大学の時計台へと足を向けた。そこには光り輝く純金製の未来が扉を開いているように思われた。そのどれを選んでも「薔薇色のキャンパスライフが、黒髪の乙女が、そして全世界が約束される」と思っていた私は、手の施しようのない阿呆だった・・・。
 もしあの時違うサークルを選んでいたならば、黒髪の乙女と薔薇色のキャンパスライフを送っていたに違いない! 出典:四畳半神話大系とは (ヨジョウハンシンワタイケイとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

何気にアニメの中でもトップクラスに好きなアニメ。このアニメが好きすぎて小説なども読みました。森見登美彦の小説なので、原作小説もだいたい上のようなかなり耳心地がいい文章がずっと続いていきます。京都の町並みや地名が本当に多く出てくるので京都に住んでいる人だったら、もっと楽しめただろうなと少し悔やまれます。京都大学の人はだいたいこの四畳半神話大系みたいな生活をしていると聞いてから憧れています。

あとはアジカンがオープニングを担当していてノイタミナ枠のアニメとアジカンの相性がめちゃくちゃいいというのがわかりました。

主人公は京都大学に一浪して入学したが、大学生活をあまり楽しめず薔薇色のキャンパスライフを求めている。タイムパラレルなストーリーで毎回主人公が別のサークルに入っていたら、という話が始まります。

各話のラストには、偏屈な主人公、「私」が薔薇色のキャンパスライフを謳歌できないのはサークル選びを間違えたせいだ、あの頃に戻りたいと願うことで別のサークルを選びなおすところから話が始まります。そうやって毎回毎回、サークルを変えるだけで主な登場人物は変わらないアニメなのでやや単調で途中で中だるみもします。その中だるみすらラストへの溜めになっているのが驚きなんですよね。

主な登場人物は変わらないのですが、関わり方が変わります。そしてラストの話を見ると普通の毎日が結構楽しく思えてくるというなんともお得な作品です。特にやや引きこもりがちな人間に見せるとかなり効果があるのは実証済みです。とてもいいアニメなのになぜか知名度がないアニメ。

四畳半神話大系もU-Nextで見れるはずです。U-Nextは全ての動画が無料なわけでないのですが、新規お試しに登録しても600ポイントほどもらえます。それでなんとか見てもらうしかないですね。


有頂天家族

f:id:what_a_day:20170104190743j:plain:w450 こちらも同じく森見登美彦の小説が原作となったアニメ。二期の制作が決定しているのでおさらいのためにもみてみるといいです。こっちの有頂天家族も好きです。OPや雰囲気がなんとも綺麗で、あとはせりふ回しなども森見登美彦の小説らしさが出ていてかなり良いです。

四畳半神話大系と同じく舞台は京都です。あと主要な登場人物がほぼタヌキです。タヌキが人間の姿に化けて生活しています。

「逃げるは恥だが役に立つ」の星野源が出演する、「夜は短し歩けよ乙女」の実写化映画もありますのでそれに向けてきているのかな、と個人的には思います。「夜は短し歩けよ乙女」も森見登美彦の小説で、面白かったです。

また「夜は短し歩けよ乙女」の主題歌をアジカンが担当するのでこれは最強のコンビがまたできてしまったのかと。四畳半神話大系と見て有頂天家族を見て、今から「夜は短し歩けよ乙女」を楽しみに待っています。

2017年の冬アニメ

今期アニメ一覧

f:id:what_a_day:20170102193754j:plain

2017年冬期 テレビアニメ一覧画像 うずらインフォ

2016年のアニメがほぼ終わって今期のアニメが始まりますね。

2016年度はリゼロや亜人など面白いアニメが多かったですし、2017年も面白いアニメがたくさんあると嬉しいです。

今期の予想される覇権アニメ

この素晴らしい世界に祝福を!2

おそらく「このすば」が今季覇権でしょう。アニメのシーズン1が1話を除くと毎回面白かったのと、円盤についていたOVAがぶっちぎりで面白かったので二期も絶対に面白くなるはずです。

毎回のギャグが面白く、難しいことを一切抜きにして笑えるとても面白いアニメです。2016年のシーズン1は残念ながら10話で最終回となってしまいましたが、シーズン2は12話やってくれると嬉しいです。全体的に予算が少なそうに見えますが、声優陣は毎回豪華でしたし、ちょい役にも結構な大物を呼んでいたりとこだわっているように思えます。(単に事務所のしがらみかもしれませんが、結果的に面白くなっているのでOK)。

毎回、若干クズな主人公を演じている福島潤のアドリブがあったり、その他のキャラ達もアドリブを入れてくるのでそれも面白いです。アイキャッチもなかなか独特なので良いところばかりです。おそらく今期の有力な覇権候補。画像からはあまり力を感じませんが、そのゆるいところもまた良いところなんでしょう。

できれば小説並みの作画の良さでこのすばをやってもらえると個人的には嬉しいですが、アニメの独特な感じがギャグにあってるんじゃないのかという気もしてます。しば犬系ヒロインですが、ヒロイン要素なし。

小説は後半に行くたびにどんどん面白くなって行きます。アニメが終わって気に入ったら買ってみるのもオススメですよ。

このすば一期は Netflix, U-Nextで見れるようになりました。


NetflixもU-Nextも1ヶ月の無料トライアルが可能なのでオススメですよ。U-Nextの場合は無料トライアルに加えて600ポイントが渡されます。一部有料のアニメや海外ドラマがあるのでその際はもらった600ポイントを使うことになると思います。

huluやamazon prime videoではみれないのが悲しいです。

幼女戦記

なんか大物感が出てるのと前評判的にうまくいくとすごい感じになりそうな気がします。

戦略系なのかそれとも幼女が戦うのか未だによくわかってないのですが、とりあえずPVを見た感じはすごく良かったです。原作を知らない分、アニメで楽しみたいです。

異世界ものでいくと「リゼロ」、「このすば」、「オーバーロード」、「ログホライズン」、「ソードアートオンライン」と強いのが揃っているのでこの異世界ものにも期待しています。

純粋な戦争ものだと思っていましたが、1話を見た限り魔法使いが出てきたり説明があまりなかったりと少し予想外の結果でした。まあ幼女が戦うなら魔法は必要なんだろうなってぐらいに思っています。最初の導入としてあまり説明などせず派手なところをバーンと出したのだろうとは思いますが、初見だとちょっときつめかもしれません。

だいたい終末のイゼッタみたいな感じでした。イゼッタの敵と味方を入れ替えた感じなのかなって思っています。魔法使いが当たり前にたくさんいることを除けばそういう雰囲気です。テンポはやや悪いかなという気はしますが、最初なのでまだなんとも言えません。何で幼女なのか、なんで魔法使いがたくさんいるのに舞台はヨーロッパなのか、転生したの?とか一話では説明が少なかったので次から詳しく説明がくると思います。


漫画を買ってしまいました。漫画は漫画で面白いですけど若干話が違うような気もしなくはないです。本当に細かいところですけど。

とりあえず楽しみなアニメです。

まとめ

  • 今期のアニメを紹介した
  • 今期アニメの覇権を予想した

各1話の感想です。

www.what-a-day.net

2017年は今期への継続アニメを含めて良作ぞろいだと思います。