生活を良くします - 怠惰なプログラミング

生活を良くします-怠惰なプログラミング

外資系でエンジニアをやっています。便利なサービスや商品、プログラミングで作ったものなどを紹介していきます

【引越しの不用品】服や本のオンライン買取を試した結果 〜 ネットオフでの技術書の買取額

引越しに伴う大量の不用品:本

この時期は進学だったり就職だったり、転職での移動だったりと何かと引越しする機会が多いと思います。

その中で服や本というのは無視できないほど場所を食うし、重たいというのを実感できると思います。自分は実感しました。

参考書や小説などの本

プログラマーならば高価な技術書を購入して勉強したりするため、それなりの数の本があると思います。

ただし常に参照したりする本というのはある程度は固定化されてきていて大部分は使っていない本、これから数年は使わない本、もう使わないだろうという本が多いと思います。

大学生ならば教科書の山ができており、一般教養の分を含めると大抵はもう使わない本になると思います。進学を控えた高校生ならば参考書がそれに当たります。

本の捨て方ですが、自治体にもよりますがたいていは縛って決められた日に朝早く起きてゴミとして出さなければなりません。

面倒臭いですよね。

同じ手間ならもっと楽でお金になるほうがいいに決まっています。そしてその方法を最近になって見つけました。

ネットオフでのオンライン買取サービスです。

ネットオフでの本の買取と価格について

オンライン買取サービスの手順について簡単に説明すると、以下のようになります。

  • 買取依頼を出す
  • ダンボールが送られてくる
  • 本を詰める
  • 回収しにくる
  • 査定・買取意思確認・振り込み

手数料などはかかりませんし、買取価格は発送時点での時価が反映されるので価格落ちしないというのも魅力的です。

非常に簡単なステップで本を買い取ってもらえます。もちろん買取価格が気に入らない場合は返品してもらえます。

今回はこれで買取をしてもらいました。

買取価格などについて

今回は40点で4500円でした。

高いと思うか安いと思うかは人によりますが、もともと捨てる予定だった本がここまで奮闘するとは思っていなかったので満足です。


送られてきたダンボールを組み立ててそこに本を詰めます。

f:id:what_a_day:20170303190010j:plain:h450


そこに商品送付書在中と書き込み送ります。

説明はネットオフがとても丁寧に行なっているので迷うことは少ないと思います。

f:id:what_a_day:20170303190138j:plain:h450


もう完全に読書はKindleに移行したのでこれからは生の本を買う機会は少ないです。

KindleにしてからQOLが上がったので是非使ってください。

www.what-a-day.net

引越しに伴う大量の不用品:服

着れなくなった服

服は自治体にもよりますが大抵は燃えるゴミで出せたような気がします(要確認)。

ここで問題になるのは服は捨てづらいという点です。

なぜかというと自分が長く着てきたので愛着が持てる、ゴミを漁る人がいるので(近所のおばさんだけど理由は不明)なんとなく気持ちが悪いという点ですかね。

女性の場合はより慎重に行ったほうがいいでしょう。

そこで捨てるよりも安全でお金にもなる方法がオンライン買取サービスの服バージョンです。

ハグオールでの服の買取について

今回は20点で8000円でした。

福袋で当たった一度も着ていない何かの服がすごい高かったらしいです。

これを知ってからは引越しの負担も減り、お小遣いにもなるというので良いことばかりです。

まとめ

  • 本・服を売れば引越しの荷造りを減らせる
  • オンライン買取なのでネットで頼める
  • 家まで回収しに来てくれる
  • とても便利でお小遣いにもなる